デザイン散歩

筑波大学体育系 ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)の紹介動画

TSUKURI-BARで出会ったクリエイター達の初コラボワークが実現!

〜飲み会も楽しいけど、一緒に仕事がしたかった〜

 

筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)の
プロジェクトを紹介する動画(字幕:英語/日本語)を制作しました。

今回は、下記の4名が(TSUKURI-BARのメンバー)スタッフとして関わりました。
その他、翻訳、ナレーション、事務局、各研究室の方々等たくさんの協力がありました。
ディレクション・統括:佐山 剛勇(株式会社ツクバ・インフォメーション・ラボ)
撮影・編集:関口 裕輔(株式会社パブリックアート)
デザイン:羽持 舞 (株式会社ツクバ・インフォメーション・ラボ)
ドローン撮影:早瀬 将一

本プロジェクトは、2020年東京オリンピック、パラリンピックと
体育に於ける未病、健康、アスリートの競技能力の向上を研究テーマとした国家プロジェクトです。
5年間のプロジェクトもいよいよ来年まで。
私は本プロジェクトのミッションをブランド化するデザイワークを担当しました。

限られた時間と予算の中で最大限の技術とセンスを発揮していただいた関口さん。
ディレクターの細かい拘りを瞬時に形にしてくれました。
彼とは、他の動画制作の良きパートナーになっていただく約束をしました。

そして、早瀬さんのドローン撮影。
本人も爽やかなイケメンですが、撮影画像も引き込まれるような魅力的でスタイリッシュな映像でした。
このあと、サイバニクス研究センター、つくばみらい市立給食センター(MIRAI-LUNCH)の動画でも
ドローン映像で活躍していただきます。

最後に舞ちゃん。
彼女には私の手となり足となり支えてもらいました。
スケジュール管理から、最後にはパッケージのグラフィックデザインまで。

隔月で開催して2年以上になる『TSUKURI-BAR』
いつも楽しくワイワイと過ごしていますが、
そこで出会ったクリエイターとやっと仕事ができました。
『TSUKURI-BAR』のメンバーに依頼すればいいものができますよ!と、
胸をはってアピールしたい気持ちです。

この記事を見つけた方は、とてもラッキーです。
誰にどう、いくらで頼んでいいかわからない!本当にデザインの効果ってあるの?と
悶々としている方、勇気を持ってご一報ください。
期待以上、想像以上、お値段以上の効果的クリエイティブワークをお届けします。

 

【お知らせ】次回TSUKURI-BARの参加者も募集中です!
第16回「TSUKURI-BAR(ツクリバ)」2018年3月15日(木)19時より

佐山 剛勇

佐山 剛勇

投稿者の記事一覧

茨城県古河市出身。つくば市(当時の桜村)に辿り着き、筑波研究学園都市の現場に佇み、コミュニティの必要性を強く感じる。やがて筑波大学の有志らと、出会いと交流をテーマに「まつりTsukuba」を立ち上げる。まちづくりデザイン」をテーマとする研究室、株式会社ツクバ・インフォメーション・ラボを設立し、情報の活用とデザイン表現による事業を始める。「つくば食事典」、「パンの街つくば」をはじめ、地域の公益性を目標とした事業、また企業の広報戦略等に携わる。以来36年間、プロデュース及びブランディングを続ける。日本デザインコンサルタント協会(JDCA)会員、つくばスタイル縁日 実行委員長、茨城デザイン振興協議会 第3代会長(現在は顧問)。

関連記事

  1. 匠みの茶 〜さしま茶職人の手技で作り出された滋味深い味わい〜
  2. 表紙デザインで読みたくなる本、買いたくなる本がある
  3. ブレンドをブランドに!
  4. みんなで見つけ、みんなで伝える つくスタ縁日2017
PAGE TOP