まだまだあまちゃんですが

学生の自分に伝えたいこと

こんにちは、あまちゃんです。
今年もいよいよ8月ですね。学生気分が未だに抜けないのか、8月になると何故か夏休みになると思って、無性にワクワクして、目の前の現実に落ち込んでしまいます。

学生時代を振り返れば、まぁたいしたことしてないなぁと。課題をやってアイドルのライブ行って、展覧会に足を運んで、時々畑をやって。。。本当に平凡な学生だった気がします。
学生の時、もっとこれしておけばよかった、あれやっておけばよかったなぁ、ってふと思ったり。

なので、今回は書くことに困った人が書きがちなテーマ「学生のうちにやっておけば良かったこと」を、過去の自分に向けて書いて見たいと思います。 (今、学生の人にも参考になればいいなぁ)

1. やりたいことは色んな人に言っておこう

ざっくりでもいいから、自分が将来やりたい事は色んな人に言った方が良いよ。
聞いてくれた誰かが相談に乗ってくれるかもしれないし、それ一緒にやりましょうって声かけてくれるかもしれない。声に出すことで自分になにが足りないか気がつくこともあるし、言うだけタダなんだからバンバン言った方が良い!

2. イベントやワークショップとかバシバシ参加しよう

自分の興味あるイベントとかワークショップとか見つけたらできる限り参加してね。
社会人になると、面白そうなイベントやらワークショップのお知らせがあっても、仕事だから行けない〜〜〜TTって事が多々あるんで。色んな人の話を聞けて、美味しいご飯食べられるときもあるよ。(米子移住のワークショップはすごく美味しいご飯が出ました)良いイベントか変なイベントかを見極めるのは難しいけど、それも経験のうち。ピンときたら行っておくれ。

3. 好きなこと見つけて

アイドルが好き、アニメが好き、映画が好き。どんなことでも好きなものがあるって素敵だよね。それだけで人生を豊かしてくれるよ。
仕事で疲れても、失敗してあーーってときも、それがあれば明日も頑張ろーってなれるよ。
それを、ただ好きで終わらせないで、おまえ学者か!?って言われるまでとことん突き詰めてみて。それが何の役に立つかってのは断言できないけどきっと役に立つ! それが仕事になるかもしれないよ。(なったぞ!)

4. 憧れの人に会いに行くんだ

自分の目指してる分野の憧れの人に、手紙を書いて話しを聞きに行くのってすごく良い勉強になるよ。
デザイナーを目指してるなら、好きなデザイナーさんに会いに行って、お話を聞くのもオススメ。学校では教わらないようなことや、その人がどういう考えでデザインしてるのかも聞けたりするし。学生さんが自分に興味を持ってくれて、しかも話を聞きに来てくれたら最高に嬉しいもん。失礼の無いように会いに行こう。

5. 日記を書いて

どんなに楽しいことも、辛いことも、時間が経ったら忘れちゃうんだよね。悲しいことに。
3年前の今日に何があったかなんてあまり思い出せないじゃん。もしかたらすごい楽しいことをしてたかもしれないのに。なんかもったいなくないですか?
日記付けてれば何となくでも思い出せるのかなぁって。未来の自分が読んだときに、そんなことあったなぁってセンチメンタルな気分になるよ。

6. たくさん遊んで

1番言いたいのはこれ! 遊んで!特に友達と!
社会人になると、自分が暇でも友達は暇じゃないからね。アイドルのライブも全然行けないし、急な夜中のドライブも行けなくなるし、遊べるうちに遊んでおいて。海に行ったり、釣りに行ったり、買い物に出かけたり。その遊んだ経験がきっと役に立つはず。遊びが1番の勉強です。

いっぱい書いてみたけど、これを昔の自分に読ませてみても、何かしら後悔はするんでしょう! 強く生きよう。

関連記事

  1. 新米として気をつけていること
  2. 新米のお助け道具5選
PAGE TOP