まだまだあまちゃんですが

新米のお助け道具5選

こんにちは あまちゃんです。

皆さんは作品の参考資料を集めたり、インスピレーションを得る時、なにを使っていますか?
僕はまだまだ経験も浅くわかんないことが多いので、インターネットを駆使しながら、さまよって資料を集めております。
物心ついたときには親にパソコンを貸してもらって計算ゲームをしていたり、Google検索をしていた、いわゆるデジタルネイティブ世代。
そんなデジタルネイティブな僕がオススメする、おつよいサービス・サイトを紹介します。

1.Google検索

みんな大好きGoogleさんです。
どんな検索ワードでもたいていの答えが返ってくるとても素敵なサービスで、しかも画像や動画、ニュースも検索できます。
が、ただ検索ボックスに打ちこむだけじゃ、せっかくのサービスがもったいないです。
検索ボックスの右端などに「設定・ツール」という項目がありますが、そこを押すと、もっと高度で精密な検索が出来るんです。(ご存じの方も多いと思います!)
期間を変更してニュース検索すれば、その期間のニュースを検索できますし、地域を変更して画像を検索すれば、その地域の画像を検索できるんです。
1個のワードでも、検索設定を変更すれば色んな情報を得られるので是非使ってみて下さいね。

〈Google〉

2.Pinterest

Pinterestは(ざっくり言うと)検索した画像をまとめられる画像収集サービスで、自分だけのボードを作ってそこに色々まとめよう!みたいな感じです。
自分の好きな物だけを集めたボードを作っておくと目の保養になってオススメ。
Google画像検索と似ているのですが、もっとクリエイティブに特化していて、世界中のオシャレな作品に巡り会えてとても楽しいです。
アプリもあるので、電車や寝る前など色んな時間で気軽に眺めて、インスピレーション高めていきましょう!!

〈Pinterest〉

3.Behance

我らデザイナーの相棒、Adobeが提供しているポートフォリオサイト。
こちらは画像検索ではなく、世界中のデザイナーさんの作品がざーーーっと見れるサービスで、すんごい楽しいです。うおおお!!すげえ!!!って作品や、どうやって作ったんです
か・・・・やべえっす・・・みたいな作品がいっぱい集まってます。人によっては完成までの工程や別案などを載せてたり、実際に展開された様子をあげてたりと、物凄い参考になりますありがとうございます!!

日本人の方も多く参加されているので、これこのデザイナーさんが作ったのかー!!といった発見が度々あります。AdobeCreativeCloudを使ってる方なら誰でも参加できますので、是非!!検索しに行きます。

〈Behance〉

4.Youtube

アイドルの動画を見るだけがYouTubeの使い方じゃ無いんです!!!!
YouTubeにはPhotoshopやillustrator等のツールの使い方や、Tipsの動画などがたくさん上がっています。2画面にして動画を真似しながらやると使い方も自然と覚えられますよ。
高度な使い方を載せてくれてるサイトって結構英語の物が多くて、英語がわかんないとちんぷんかんぷんな時があるんですよね。でも動画だと、使ってるツールを拡大してくれたり、ショートカットを画面上に出してくれたりと、英語が分からなくても見よう見まねで出来ちゃうんでマジ感謝です。

〈Youtube〉

5.inoreader

inoreaderに好きなサイトやブログを登録しておくと、わざわざそのサイトにいかなくても更新されているのがかわる(しかも複数同時に!)すごい便利なサービスなんです!
更新されてるかな〜〜〜?ってソワソワしながら見に行かなくてもよくなるんですよ。(見に行くのも楽しいけど。)
僕が登録しているオススメサイトも載せておきます!

kawacolleさん

名前の通り可愛い物がコレクションされている素敵なサイト。チョイスのセンスが強いので目の保養です。

箱庭さん

イベント情報や素敵な読み物がたくさんあるキュレーションサイトです。毎日更新されているので読むのが日課です。

PhotoshopVIPさん

PhotoshopやillustratorのTipsや便利なサービスを紹介してるサイト。読むだけで勉強になります!

〈inoreader〉

最後に

5つ紹介しましたが世の中には便利なサービス・サイトがたくさんあるのでいっぱい活用してよいクリエイティブ活動をしていきましょー!
もちろんパソコンの前にずっとかじりついて、体験した気になる、見た気になるのはよくないと思います。実際に手にとって質感を確かめたり、見に行って体験することが1番ですけど、なかなかそうも言ってられないこんな世の中です。リアルとデジタルを上手く使いこなしていきたいですね!!

関連記事

  1. 新米として気をつけていること
  2. 学生の自分に伝えたいこと
PAGE TOP