ブラツクバ

#001 JAXAの宇宙愛が好きだ!

はじめまして。

わたしはつくばのターバンというデザイン会社で、コピーや企画や編集などをしております、根本美保子と申します。

もうすぐ3歳の母(ポンコツ)もしています。よろしくお願いします。

 

わたしたちターバンは、とてもちっちゃな会社なのですが、

広報誌みたいな位置づけで、読むと茨城が好きになっちゃうちっちゃな冊子=ZINEをつくろう!と、がんばっています。

魅力度ランキング最下位がネタ化している茨城ですが、住んでみると、面白いモノやコトもいっぱいだし、素敵なひともたくさんいます。

そういうのを知ってほしいなぁという思い(と、ついでにターバンのことも知ってほしいなぁという思い)で、いま、第一号の準備をしているところです。

 

そんなZINEの取材で、きょうはJAXA筑波宇宙センターにお邪魔してきました。

見本になる冊子もない、誰なのかもよくわからない、そんなわたしたちにも、とても丁寧に対応してくださり感謝するのと同時に、宇宙愛&宇宙飛行士愛みたいなものを感じた、ワクワクする取材になりました。

衛星に貼ってある金色のシートみたいなものの正体がわかったり、

それが実はめちゃくちゃ意外なモノで貼り付けられていると知ったり。

最新鋭なようで実はアナログなものが取り入れられていたり。

CGもりもりの映画『ロード・オブ・ザ・リング』で、ホビットと人間の身長差を実は遠近法で撮影していた!みたいな意外性というか。

たくさんの「意外」に出会った取材でもありました。

あと、夢の社員食堂も味わってきました。ちなみに社食に宇宙食はなかったです。

 

たくさんの研究施設が点在しているつくば。

道を走っていると、広大な敷地が次々と現れて、

ここはなにをやってるところなんだろうと、いつも気になっていました。

でも、そのなかで実際にどんなことをやっているのかはよくわからなかったり、近くにあるけれど、遠い存在でもありました。

そこで、わたしのような文系のひとにも、もっといえば小学生や中学生にもわかるようにまとめられたものがあったらいいだろうなと、

ZINEのなかで「文系のためのつくば研究所ガイド」として、1号に1施設ずつ、研究施設を取材していくことにしたのです。

JAXAはその1回目です。

 

たぶん8月中にはZINEができる予定なので、見かけたらぜひ手にとってみてください。お値段は、無料です。

根本 美保子

根本 美保子

投稿者の記事一覧

コピーと編集と企画/1979年、茨城県水戸市生まれ。水戸一高→東京学芸大学。在学中より都内の編集プロダクションに所属し、フリーマガジン「メトロミニッツ」編集部を経て、2009年頃からゆるやかに独立。カルチャー誌や情報誌を中心に活動し、現在は企業や学校等のブランドブックやブランドサイト、広報誌などの企画・編集・コピーライティングに多く携わっています。「視点の転換」をモットーに、広告とエディトリアル両方の視点から、伝える側と受け取る側がともになにかを発見できるクリエイティブを心がけています。好きな映画は、『300』とゾンビ映画。メダカと珈琲も好きです。つくば市松代で、事務所兼ワークスペース兼コーヒースタンド「GOODWORK COFFEE」やっています。つくばの、いろんな面でほどほどなところが気に入っています。

関連記事

  1. #002 消費のクリエイティブ、が、いまさらながら刺さってる
  2. #004 つくばって、どんなまち?
  3. #003 愛の正体、知ってますか? 知らん。
PAGE TOP